早漏に悩んでいませんか?3つの原因や改善法おすすめを紹介

早漏

知り合いの奥さんM紀さんとの会話

「週に2回くらいって、普通?」
「まぁ、普通なんじゃないですか?むしろ結婚15年目くらいなら多い方かもしれませんね。」
「そうなんだぁ~。でもうちの旦那すぐイッちゃうのよね。むかしからみたいで、本人も悩んでいるみたいなんだけどさぁ~」

「早漏」に悩む男性って、結構いるんですよね。

そういう僕も、最近ちょっと早くなってきたような気が…歳を取って経験が増えると、早漏が改善されるというわけでもないんですね。

日本で早漏に悩む男性は約1300万人ほど、成人男性の約3.5人に1人は早漏で悩んでいるそうなんですよ。

そこで今日は、「早漏」の原因や改善方法などについて書いてみたいと思います。

はじめてのローション

早漏ってどんな状態のことを言うの?

そもそも「早漏」って、どんな状態をいうのでしょうか?

性交の際にパートナーが性的に満足しないうちに男性が射精してしまうことである。英語でPEという。より具体的には「膣内に挿入後30秒間射精を我慢できない状態」とも、「1分または3分」とも言われる。女性視点で見ると「自分が満足する前に射精してしまう」と考える人も多からず存在する。

また、性機能障害の内、30%は早漏を訴えているとも言われる。また、アルフレッド・キンゼイの報告によれば、女性の75%は2分以内に射精された事がある。時として男性の性生活の充足感が低下するため、医師による治療が求められる場合もある。

引用:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ということなんですよ。

まぁ「自分が満足する前に射精してしまう」というのは、なんとも厳しい話のような気がしますね。よく聞く話ですが、セックスが愛の行為ではなく、旦那さんの排出行為で終わっていることも原因なんですかね。

先ほど日本では1300万人が早漏で悩んでいると書きましたが、海外ではなんと5億人が早漏で悩んでいるそうなんですよね。そしてパートナーを満足させれないことで、離婚になってしまうそんなんですよ。だから海外では「早漏」は病気として、きちんとした治療の対象になっているそうなんです。

国際的な定義としては、「挿入後1分以内に射精してしまうこと」が「早漏」ということになっているんですよね。さすがに1分ならもちそうな気がしますけどね。

アダルトグッズのNLS

早漏の原因によって3つに分けられる

早漏にはその原因により、3つの種類に分けることができるそうなんです。

【過敏性早漏】

ペニスや陰茎付近に少しの刺激を受けただけで、射精してしまう早漏のことです。普通は性的な刺激が脳に伝わってから、体が射精の準備をし始めます。でも「過敏性早漏」の人は、陰茎がとても敏感ですね。性的刺激が脳を経由せずに、直に脊髄の射精中枢が反応して射精してしまうそうなんですよ。自分の意志とは無関係に、射精してしまうんですね。

若い人やスポーツマンにに多い早漏で、精神的問題や身体的問題というわけではなく、むしろ健全な性欲や健康状態だから起こる早漏だということなんです。

包茎など普段から亀頭の露出が少ないため、刺激に敏感な状態のままだと敏感性早漏になりやすいと言われています。射精を我慢することなくすぐに射精する癖も、過敏性早漏の原因になると言われているんですよ。

【心因性早漏】

直接的に性的刺激がなくても、性的な想像や妄想をするだけで勃起してしまうと「心因性早漏」と言うそうなんですよね。ふつうは陰茎に刺激を与えなければ、そのまま収まってしまうことがほとんどです。でも重症な心因性早漏になると、エッチなことを考えるだけでも、射精してしまうとか。

また射精のメカニズムは自律神経に関係していて、副交感神経が優位の心や体がリラックスしている状態で勃起し、交感神経優位の緊張状態で射精するそうですなんですよ。つまり早漏の人は副交感神経の状態から交感神経への切り替わりが早いということなんですね。

心因性早漏の人は挿入後すぐに緊張した興奮状態になることで、交感神経優位になり速やかに射精状態になるということです。

【衰弱性早漏】

衰弱性早漏というのは、加齢により射精をコントロールする筋肉が衰えることにより引き起こされる早漏の事を言います。絶頂感を感じる前に、ダラッ~と漏れてしまうような感じで射精してしまうんですよ。

40歳以降の中年と呼ばれる世代に、多くみられる早漏なんです。

僕も以前はは、この早漏に悩まされていたんですよね。

アダルトグッズのNLS

早漏改善法のおすすめを紹介!

それでは原因別に、早漏改善方法を見ていきたいと思います。

【過敏性早漏】

ペニスや陰茎周囲が敏感すぎることが原因の、過敏性早漏の改善方法を見ていきたいと思います。

・包茎改善

まずは亀頭部分が守られていることで敏感なままという場合は、まずは包茎状態を改善する必要がありますね。普段から小まめに、皮をむいた状態にしておくことが大切です。真正包茎の場合は、施術することが早漏改善の第一歩になります。

・寸止めトレーニング

自慰する時やパートナーに手コキしてもらう時、あるいはセックス中の挿入時など、イキそうになったら動きをやめます。そして射精感が収まったら、また再開します。これを、5回ほど繰り返します。

このトレーニングにより、刺激による射精感をコントロールできるようになります。

・コンドームを使う

厚めコンドームを使ったり、コンドームを二重にして使うことで、ペニスへの刺激を抑制します。

厚いだけでなく早漏予防の薬品が塗られた、早漏予防のコンドームもあるそうなんですよね。

・早漏防止グッズを使う

早漏防止スプレー早漏防止クリームを使うのもいいですよね。

【心因性早漏】

トラウマやストレスが原因の心因性早漏の場合、専門の医療機関に相談することが改善への近道かもしれませんね。

自律神経の切り替えには脳内物質であるノルアドレナリンセロトニンという物質が関係しています。ノルアドレナリンが増加すると交感神経優位、セロトニンが増加すると副交感神経優位になるそうなんですよ。

挿入後緊張して興奮状態になりノルアドレナリンが増加するのを防ぐために、リラックスさせるセロトニンを増やせばいいということになりますよね。それを可能にするのが、脳内のセロトニンが減りにくくするダボキセチンという有効成分になんですね。このダボキセチンを配合したポセットという早漏治療薬もあり、副作用もほとんどなく効果が実証されているそうです。

【衰弱性早漏】

射精をコントロールする筋肉の衰えが、早漏の原因になっているので原因の筋肉を鍛えることで改善できます。

射精をコントロールする筋肉は「PC筋」と呼ばれる筋肉で、している最中のおしっこを止める筋肉です。

この「PC筋」は海綿体に流れ込んだ血液の逆流を、止める働きにも関係があるそうなんですよ。つまり「PC筋」を鍛えることで、ダラッ~とした早漏をスッキリと改善できるだけでなく「勃起力」「中折れ」改善効果も期待できるそうなんですよ。

鍛える方法も簡単で、「PC筋」にを緊張させては緩めるを何度か繰り返すだけなんです。でも「PC筋」ってどこにあるの?と思と思ってしまいますよね。

詳しくは次の記事「早漏は加齢が原因!中折れ改善・勃起力、射精力アップトレーニングとは?」で書きたいと思いますが、簡単に言うとお尻をギュッと閉める筋肉と関連して動く筋肉なんです。「PC筋」がわからなくても、お尻をギュっと閉めたり緩めたりを繰り返すだけでも効果が期待できるんですよね。

アダルトグッズのNLS

早漏に悩んでいませんか?3つの原因や改善法おすすめを紹介 まとめ

早漏の3つ原因とおすすめの改善法について書いてみましたが、いかがでしたでしょうか?

早漏って若い人だけでなく、中年以降の人も衰弱性早漏などに結構悩んでいるんですよ。まぁセックス排出作業だと割り切っている人はいいかもしれませんが、愛の確認作業だと思っている男性は悩んでしまいますよね。

女性を満足させれないんじゃないかと、自信をなくす原因になっている男性も多いのではないでしょうか?

挿入での満足感だけが、女性に与えるセックスの満足感ではないんですけどね。改善できるなら、改善するに越したことはありませんよね。

僕も「PC筋」トレーニングに、毎日励んでいます(笑)

「夫婦交際」を望むご夫婦のお役に立つために、日本一の「夫婦交際」コミュニティを作りたいと思っています。そのためには「夫婦交際」コミュニティサイトとして日本一知られるサイトになる必要があります。「夫婦交際」に興味がある、もう実際に「夫婦交際」しているご夫婦をご存知でしたら、ぜひこの「あいのかたち」をシェアしていただければ幸いです。

合わせてこちらをポチっとしていただけたら嬉しいです>>>

コメント

タイトルとURLをコピーしました